カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
コシヒカリ「育成」
(減農薬&カルテック米)
玄米 5キロ
3,672円(税272円)
購入数

コシヒカリ「育成」
(減農薬&カルテック米)
玄米 5キロ
3,672円(税272円)
ここ兵庫県の繁盛(ハンセ)地区で、

今、「減農薬での米づくり」に加えてチャレンジしているのが、

「カルテック農法」です。

これも、私、いっしーの義理のお父さんがこの地区で初めて挑戦しています。


カルテック栽培とは、

乳酸菌(ラクトバチルス)という、微生物による有機物の分解機能を利用した

「特別な土づくり」を行います。

そして、その土壌は、

「カルシウム」と「ミネラル豊富」で栄養素の高いお米をつくることができます。

土壌を育てる特徴から、

揖保川源流繁盛米「育成(いくせい)」と名付けました(^^)/。

農薬低減&カルテック農法のお米です!


品種は、皆さんお馴染みの「コシヒカリ」です。




農薬を低減すると、「除草作業」が大変になります。

定期的に田んぼの中に入り、除草作業をして管理して育ててくれてます。


このお米、実は、2018年は大変な思いをして育てました。

それは、7月の西日本の記録的豪雨の時に、近くの揖保川が氾濫しました。




それにより、

このカルテック農法の田んぼに土砂が流れ込み、

一部の稲が倒され、流木などが入り込む事態になってしまいました・・・・。




それを、一つ一つ手作業で取り除き、秋には無事、収穫することができました。






時期的にまだ、お米が実る前だったので、泥を被って倒れてしまった、
稲も、泥を手作業で取り除き、起き上がらせてあげると


秋には、見事に何ごともなかったように「実る」ことができました。
自然の力ってホントにすごい!!と思います。

災害に見舞われれも、稲たちは「必死に実ろう!」としているわけですね。。。


カルテック農法では、有機肥料も田んぼに撒きます。

夏の暑い時に、機械と有機肥料を合わせて約40Kgを担いで、

田んぼの畔を行ったり、来たりしながら巻いていきます。

今年の米づくりで一番しんどかった作業ですね。。。




今年、この揖保川源流繁盛米は「食味検査」に出しました。

結果は、食味値「89ポイント!!」



●食味値の見方
・100点満点で評価され、数値が高いほど「美味しいお米」ということになります。
・日本産でのお米は、60〜65点が標準的とされています。
・70点以上になると、7〜8割の方は「美味しい!」と言ってもらえるお米です。

揖保川源流繁盛米「先駆」は、
80点を超えて「美味しいお米」という「一等米の評価」は頂いてます。

しかし、数値が高いから「偉い」「美味しい」というものでもなく、

そこまでの「作り手」の「苦労」や「思い」を
もっと高く評価してくれて、だから「美味しいね!」と言ってもらえる方に

是非食べてもらいたいお米です(^^)/


この商品を購入する